劇団海月は舞台・演劇を通じてアートでアンダーグラウンドな世界を表現。大阪で活動。

第12回公演 au:ra-その時彼女は生きていた-

あらすじ

ここは人間製造工場。作られた人間は自ら歯車となって工場を動かす。人間たちはなんのために作られてどこに運ばれるのかを知らない。製造No.1のアルファはいう。「何も考えなくていいの」。製造No.24のミストはいう。「昨日までいた人間が消えたのを覚えている」。製造No.30のミューは「アルファの言う通りにすれば問題はないわ」。そこで何が起きているのか誰にもわからない。そして今日も人間たちは運ばれていく。

会場

大阪 IST零番館

キャスト

アルファ:未緒
ミュー:ドウマエユミコ
ミスト:河野 紗弥
掃除の男:西山健太郎

スタッフ

脚本:石橋 和美
演出:芹田 意知郎
舞台監督:田原 建吾
音響:芹田 意知郎
照明:簀河原 典子/原 ゆかり
衣装:三宅 尚子
ヘアメイク:YUMIKO
制作:STUDIO-KT70/藤田 愛/小島拝
デザイン:鈴木 奈都恵
写真:STUDIO-KT70
協力:株式会社Re:FEED/NPO法人劇場マジックランプ/A&Tアクターズシアター/有限会社エスク/アリス零番館-IST/飛鳥人権文化センター/Photo Office Banner

チラシ・DM

 

公演写真

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 劇団海月 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.